桂歌丸がアキラ100%を再度痛烈批判!老害待ったなし!




「入退院を繰り返して、“肺炎”な騒ぎになっておりました」「入院中も欠かさず『笑点』は見ていました。必ず私の悪口が出る。油断できない」「声が出なけりゃミイラと同じですから」──。

左肺炎慢性呼吸不全の急性増悪で休養していた落語家・桂歌丸(80)は高座に復帰するや、相変わらずの“歌丸節”で人々に笑いを届けている。そんな歌丸が、入院中、現在の芸能界にどうしても見過ごせない違和感を覚えたという。本誌の独占インタビューに語った。

「まだ元通りとはいきません。長く喋ってますとね、息苦しいんですよ。だから酸素吸入器を手放せない。今もずっと(酸素吸入器を)入れっぱなしです」(歌丸・以下「」内同)

6月14日に退院してから、酸素吸入器を付けて高座や『もう笑点』(日本テレビ系)への復帰を果たすなど、精力的に活動を続ける歌丸。本誌の取材中も時折咳き込み、苦しそうだった。それでも歌丸が表舞台に立ち続けるのは、落語の素晴らしさ、そして日本の伝統芸能を後世に残したいという思いがあるからだ。そんな歌丸だからこそ、若手芸人の“芸”に苦言を呈さずにはいられなかった。

「言っちゃ失礼ですけど、裸でお盆を持って出て何が芸なんですかね。あれを日本の文化だと思われたら困るんですよ。あんなのは酔っ払いがお座敷でやるようなもんですよ。落語家も、漫才師も、あるいは歌舞伎、お能、狂言の方も、皆さん日本語を駆使して芸を披露しています。言葉ってのは“その国の文化”なんです。

私たちは落語を通してお客様に笑っていただくわけです。ただ、ああいう方は、言葉を生かさずに、裸で踊っているだけじゃないですか。『笑われている』だけなんですよ。なんでそのことに気が付かないんだろうと思いますよ」

“お説教”されているのは、ピン芸人No.1を決める『R-1ぐらんぷり2017』で優勝したアキラ100%(42)だ。全裸に蝶ネクタイ姿で、お盆を巧みに操って、“股間”を隠す裸芸で大ブレイク中だ。ダウンタウン・松本人志、笑福亭鶴瓶、ヒロミといった大物芸人も絶賛する期待のホープでも歌丸はお構いなしに切って捨てた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170625-00000013-pseven-ent

以下、ネットの意見です

名無しさん

起用する側にも…は確かに一理ある。
当たった芸だけをひたすらやらせるから、そればかりが印象に残って結果飽きられたらそれで一発屋の出来上がり。

まあそれでも若手?中堅芸人からしたらその1発だけでも欲しい人がゴマンといるのが現状だね。

名無しさん

あくまで歌丸師匠の価値観での批判ですから…。
でも、裸芸で人気が長続きするとは思えない。

名無しさん

子供の時は一発屋の人達が最高に面白かったけど、今となっては笑う事すらないなぁ。
まぁあくまでも裸の人はお笑い芸人だから笑わせてなんぼだな。

名無しさん

歌丸さんは、彼の度胸は認めているわけで。
問題は起用する側だと。流行っているうちはいいけど、ポイ捨てされるのを危惧しているのでしょう。繋がる、繋げていく芸では無いですから。
一発屋でも、後々営業で食い繋げる人はいますが、裸芸は需要が限定されそうです。海外での活動は、地域によっては自由な表現が制限されるかも。
彼の今後は予想でしかありませんから、色々な意味で裏切ってくれるといいですね。

名無しさん

仰ることは理解いたしますが、噺家の世界も問題がないですか?
二世の真打がやたらと増え、その人たちが親の名を襲名する。
これでは歌舞伎と同じ。
実力制で名を襲名していくような落語界を期待したいのですが。

名無しさん

おっしゃられてることはごもっともと思う部分もありますが、笑いにも色々あると思ったりもします。例えば、その笑いに芸術性はなくても、一時的にでも笑えてその日が少し幸せになるのであれば、そのような笑いの全てを排除しなくてもよいのではないのかなと思ったりもしますね。もちろん、いじめのような笑いは論外でしょうが。

名無しさん

しっかりした芸で魅せる人がいて、
お座敷芸で笑われる人がいて、
苦言を言う先輩がいて、
擁護する人もいて、
利用する人がいて、気にもとめない人もいて、
新しい事に挑戦する人がいて、
伝統芸を守る人もいて、
子どもに見せないようにする親もいて、
親に隠れて見る子がいて、
親子で一緒に見る家庭もあって、
使うTVがあって、使われる人がいて、
捨てられる人がいて長く残る人もいて、
いろんな人がいたらええよ。

名無しさん

笑点は祖父が好きでよく見ていましたが、「禿げてる」やら「ボケてる」やら「死にかけてる」やらお互いの老化をネタに笑いをとろうとして、内輪で盛り上がってる雰囲気があり、あまり笑えなかった。

名無しさん

俺もどちらかと言えば裸芸人否定派出し
決してアキラ100%擁護しないけど
なぜならTVには確かに映ってないけど
横からとか共演者には見えてる訳だし
ただ歌丸師匠ほどの立場上の大御所になれば
落語の良さを伝えるのに
他の事を引き合いに出さずに
純粋に落語の良さだけを伝えて貰いたかったね
その方が聞いてる方にも
純粋に伝わるんじゃないかな

名無しさん

落語は大好きですが、笑点は好きではない。なぜなら放送作家が大半のシナリオを作成しており、また笑いが多いネタは歌丸師匠本人が言うように落語家同士の「悪口」で、落語の「落ち」話ではないからで、他人の悪口で笑いを取るより裸一貫お盆1枚で「落ち」たら終わりの方が好感が持てる。

名無しさん

歌謡歌手からオペラ歌手もおり、落語があれば漫才師もいる、浪曲師だっている。手品師もいれば紙切りの名人もいる。腹踊りの達人もいれば、裸で芸を為す人もいる。
大道芸人で秀逸の人がいれば、サーカスのピエロも子どもにとってはスターだ。

国民は落語だけが秀逸とは思っていない。みんな違ってみんないいのだ。

体が弱っているから、歌丸師匠に合いの手を入れたいが、ちと違うことにははっきりと言いたい。

すべてが、努力なしには共感をえられるわけがない。

名無しさん

落語だろうが裸芸だろうが
笑いによって皆んなが笑顔になれれば
それでいいんじゃないかと思います。

フランス料理が一番で
B級グルメはダメなんですか?

フランス料理ばかりでも飽きてしまうし
時にはお茶漬けが一番美味しいと思う時もあります。

名無しさん

そりゃ落語や漫才、コントの正統派で売れれば良いですよ。アキラさんだって最初はそうだった。結果も人気も出ず、試行錯誤さしてたどり着いたネタが当たったんです。
伝統とか文化とかじゃなく、純粋にお笑いが好きで諦めなかった結果なんです。

ご本人も伝統芸能だなんて思ってないでしょう。

歌丸さんくらいの方なら広い視野でみてほしかった。

名無しさん

落語=高尚、その他の芸=下品

そんな風に言っているように捉えられてしまう。テレビでの芸能なんてバカバカしいから何も考えずに笑えるのであって、それが人々の娯楽として成立している。

裸芸云々は単に個人の好き嫌いなんだけど、どうも歌丸さんは落語こそが最高の芸能だと言っているように聞こえてしまう。

だったら、笑点の大喜利前のあの枠は、漫才師やコントをする人を呼ばなければいい。近年若者を意識してか全世代に受け入れられるようなラインナップなのはなぜ?