日欧EPAで日本の酪農家は潰れるのか?




日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)では、欧州産のチーズに対し低関税の輸入枠を新設する。EUが最後まで求めたチーズ関税の完全撤廃は免れたものの、欧州産チーズという“黒船”到来で酪農家が打撃を受けるのは避けられない。チーズの国内シェアを奪われることで生乳が余り、牛乳価格の下落につながる懸念も指摘される。

EUは世界のチーズ生産量の約5割を占める最大の生産地だ。日本では現在、ナチュラルチーズに最大29・8%の関税を課しているが、発効後は輸入枠分の数万トンが低関税で流入する。

生乳段階からチーズ向けに生産するなど品質やブランド力が高い“本場もの”だけに、北海道の生産者は「市場を占領され、国産の需要が失われてしまうのではないか」と懸念する。

EUが日本市場に熱い視線を送るのは主な輸出先であるロシアとの関係がウクライナ問題で悪化したためだ。ロシアがEU産チーズの禁輸措置を取った2014年以降は供給力がだぶつき、価格下落に見舞われた。

日本の平成27年度のチーズ消費量はオーストラリア産がトップの約9万2千トン(シェア30%)なのに比べ、EU産は約6万8千トン(同23%)にとどまる。ただ、消費量は今後も堅調に伸びるとみられ、EUは市場拡大の余地があると見込む。

一方、国内では、チーズなどに使う加工用生乳は大規模化が進んだ北海道の酪農家が大半を供給し、他地域は飲用牛乳に注力する住み分けが行われてきた。

チーズの国内シェアが欧州産に奪われた場合、使い道を失った北海道の生乳が飲用に流れ込む可能性が高く、乳価下落を懸念する声がある。農林水産省は欧州産と対抗できるよう、搾乳ロボットの導入による生産効率化など生産者の競争力強化を支援する構えだ。(高木克聡)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170706-00000501-fsi-bus_all

以下、ネットの意見です

名無しさん

何で競争力が無いのか考える時期
製造業は素材と部品を除いて全滅、これからは農業と漁業が頑張らないといけない

名無しさん

今までの30%の関税が過保護だと思う。消費者のために安くしてほしい。

名無しさん

まぁテレビでホクレンがバター生産を過度に調整していたことが判明したから乳製品の安定供給の名目になっちゃったよね。
むしろホクレンから離れられる酪農家が増えればいいことじゃないの?

名無しさん

以前に酪農系の仕事に関わっていましたが、あれだけ手間暇かけて絞った乳が、ミネラルウォーターより安くて、考えさせられました。
何らかの付加価値が無いと、今後は更に厳しいかと。

名無しさん

牛肉の時もそうだったが
やはりぬるま湯につかっててはだめ
結果牛肉は努力をしてやはり
おいしいのは国産
ぜひ酪農家も跡取りとか問題もあるのはわかってるが是非
がんばってやはりおいしいのは国産になってくださ
ガンバレ日本の生産者

名無しさん

どれだけの影響が出るか試算してから書けよ。
オレンジや牛肉でどれだけ騒いで結果がどうだったか考えれば容易に想像出来る。
自由化すると国産は高級化ブランド化して対応出来る農家はプラスになるが努力しないと廃業やむなしとなる。

名無しさん

欧州等はEUが農家を保護してあの価格だからね。でも、欧州産のチーズは安いし美味しいのでね。消費者にとっては安くなった方が有り難い。

名無しさん

ガイアの夜明けを見てたら、いかにJAがとんでもない組織かが分かりました。バター不足だって意図的に作られてるような発言がありましたしね。

名無しさん

正直チーズなんかは、元々国産を見る機会が少ない。だから、今更悲鳴あげるんじゃなくて、いかに売り出せるか考えないと関税関係なしに終わる。

名無しさん

この場合頑張る生産者は乳製品加工会社でしょう。
既に酪農家はいっぱいいっぱい。頑張って経費削減して家族でフル稼働して生乳の品質向上に務めても結局業者と農協に安く買い叩かれる。
個別で乳製品加工をしようと思っても莫大なお金がかかる(頑張ってオリジナルブランドをやっている農家さんも沢山いますが)

消費の上限が見えている国内向きの画一商品ばかりではなく、国外でも通用するような個性的な商品開発をしてぜひ頑張っていただきたい。

名無しさん

薬が効くのに時間が掛かるっていっても、万が一があるでしょ。
家に帰ってからじゃダメなの? 着いたら速攻寝たかったわけ?
下手したらドラマの最終回がお蔵入りになるところだったんだぞ!
撮影が終わったからって気を抜くな!

名無しさん

乳製品に関して、以前にテレビで放送してたな。
農協系が独占状態で、酪農家は農協以外に出荷するにはリスクが高いと。
農家を守るとの名目でね。

そんな構造が変わってくれるなら良いんだけど。

名無しさん

全農が生産量コントロールしてなかった?支配はいつか終わる。

名無しさん

サクランボの時もそうだが、危機をあおるだけあおり、そうである場合もそうでない場合もある。

身近な生活において、弱小の営業者が影響を受けるのは、存外、大手のスーパー小売店進出や農業協同組合の足かせ
のように肌で感じる。

マスコミも、学者も往々にして危機をあおるが多くははずれる。空気で批判することで本質を存外ついていないのだと思う。
ものは違うが日米安保条約、秘密保護法がその象徴だ。死死者を出すほど改正に反対した集団によるデモ攻勢や小説や映画を作れぬと抵抗した知識人集団による批判・・・

皆ほとんど空気による反対が目につく。よくよく内容と影響を科学的に客観的に、公平に見て評価すべきだ。