日産リーフの価格が暴落?その理由は?




電気自動車、日産リーフの中古車価格が激しく下落している。2011年や2012年の初期モデルについていえば、30万円~40万円という超バーゲンセール。新車時に325万円した2016年モデルの自動ブレーキ付きモデルすら110万円台で購入可能という状況。日本の量販自動車で最も激しい価格下落を記録中である。

なぜ暴落か? 理由は簡単。バッテリーの性能劣化のためである。御存知の通りバッテリーの場合、使っていると性能低下する。初期型のリーフで言えば、新車時に160kmほど走れたものの、今や100km以下になってしまった個体すら珍しくない。エアコンや暖房を使うと、80km程度となり、近所の買い物以外使えくなってしまう。

リーフに乗っていると、確実に性能劣化を感じるだけでなく、遠からず自動車としての役割を果たせなくなり「ゴミ」になってしまう気分を味わうことになる。最大にして唯一の解決策は「安価なバッテリー交換プログラムを作る」ことながら、日産自動車のDNAなのか、ユーザーのフォローをしない。

徹底的なユーザー目線を貫くトヨタと好対照と言って良かろう。ちなみにトヨタはバッテリー寿命に問題を抱えていた初期型のプリウスに対し、バッテリーの生涯補償を打ち出した。生涯補償の対象にならない初期型以外のモデルはクルマの寿命くらい長持ちするようになった上、交換用バッテリー価格を低く抑え、15万円以下で新品に交換できる。

同じ時期にハイブリッドを発売したホンダも当然ながらバッテリーは交換しなければならないが、生涯補償どころか、初期型インサイトを買った人の大半が、驚くほど高額のバッテリー交換費用を迫られることになったほど。むしろ日産やホンダが普通でトヨタだけダントツに顧客のことを考えているのかもしれない。

続き及びソース:https://news.yahoo.co.jp/byline/kunisawamitsuhiro/20170707-00073002/

以下、ネットの意見です

名無しさん

リーフのリセールバリューが著しく悪い最大の要因は多くの方が指摘されているように、そのあまりのかっこ悪さにある事は疑いの余地がないと思うのですが、どうでしょうか。。

名無しさん

リチウム電池が信頼性に欠けると言うのは、スマホを使っている人なら皆知ってるからね。欠陥つかまされたら、数百万の損害と命に係わるから技術的と信頼性と経済性が確立されたレシプロ車が現在の所は一番良い。電池乗った車は車体価格が割高だから、燃費で補おうとすると、10年以上も乗らなければいけんからね。中古買取価格が下がるようでは目も当てられんわ!WWW

名無しさん

おっしゃる通り。
ただしウチの場合、購入後早々に通勤&近場用と割り切っているため、プログラムは不要。
乗り潰して、サヨナラです。

名無しさん

充電し放題のプログラムでメーカーとしてはサービスしているのでは?近距離ユーザーや定年後の時間を余らせた人には十分なメリットが有ると思う。
長距離を走ろうという人にはそもそも向いていない車。
トヨタを軽くヨイショしているような気がするけど、どうなんだろ?

名無しさん

この手のクルマを新車購入なら年間走行距離とか
バッテリー交換費用とか考える方は買わないでしょ。
富裕層の「乗れるラジコン」みたいなものだし。

名無しさん

バッテリー問題は日産リーフだけじゃない。

ハイブリッドだって、バッテリーが劣化すれば充電できず
ただ重くて燃費が悪い重い車に成り下がる。

ハイブリットも、電気自動車も、中古車としての価値は低い。
数年で買換え検討するひとは向いてない。
廃車になるまで乗り潰すひとじゃないと、もったいないかもしれない。

名無しさん

何のため電気自動車を買ったのか。

温暖化防止のエコにため?(お金持ちの偉い人)
ガソリン代節約のエコのため?(自業自得の人)

実際ガソリン代かかってないのだからバッテリー交換は
ユーザーの負担でしょうに。

安いから中古でリーフ買う人も出てきて今後はさらにカオスになるな。

名無しさん

バッテリーは充電式ではなく交換式が正解だ。

名無しさん

EVの利点はバッテリーを新品に交換したら新車の性能に戻る事だけど
バッテリーの価格と今まで乗ってきた満足感が折り合わないと
交換する気にもならない事がマイナスポイントなんだよな。

名無しさん

電気自動車の恐さ、なんで宣伝しない、水に弱い、事故時の対応が恐い、なんせ数百ボルトの電流が垂れ流しになり車に触れない、漏電事故で多くの消防員、救助隊が亡くなっている、それなのにマスコミは一切報道しないのは何故、

名無しさん

私は直ぐに手放した。
新車時ですらカタログスペックに程遠い航続距離なのが問題。電費はカタログ値の半分程度。ディーラーで調べてもらったが異常なし。

充電容量にも問題がある。バッテリー劣化懸念で80%充電が推奨されているからだ。そして電欠が怖いので30%位で充電することになる。つまり全容量の半分ぐらいしか使えない。
電費が半分、容量が半分で、カタログ値の3?4割しか走れないのだ。

冬場にヒーターを使うと、30km程しか走れず、近場の通買い物にしか使えない。
こんな車が300万とか有り得ない。